インターネットをするために欠かせないのは回線ですが、回線にも種類があります。

今は光回線が主流となっていますが、光回線というのはどういったものなのでしょうか?光は早いというイメージが定着していますが、光回線は光ファイバーケーブルを使います。

光ファイバーはケーブルの中でも特に細いケーブルで、素材はガラスやプラスティックが使われています。

回線には他にもISDNやADSLというタイプがありますが、この場合はケーブルに電気を流して使います。

光回線は電気ではなく光を情報伝達に使いますから、電気よりも安定性に優れスピードが早いという特徴があります。

今でこそ光回線は主流となっていますが、光回線を使うには光ファイバーがある事が前提となります。

最近建てられた戸建住宅や集合住宅は、あらかじめ光回線にも対応できるようになっていますが、少し古い住宅は光回線を引き込む工事が必要になります。

これには工事費を負担しなければいけませんし、工事には少し時間がかかります。

まだ光回線ではないところも多いのですが、工事費の事や工事に時間がかかる事がネックとなり、多少遅くても光回線以外が廃止にならない限りそのままでいいという人も多いようです。

★お役立ち情報サイトもご覧ください・・・>光回線ピックアップナビ

光回線にする事で早くなるのもメリットですが、動画をよく見る人は光回線にすると今までとの違いに感動するかもしれません。

早さという意味では光回線はびっくりするくらい早いので、まだの人はキャンペーンなどを利用してみるのもおすすめです。